教会の葬儀ミサ

プロテスタントの教会の葬儀について

キリスト教の教会には、おもにカトリックとプロテスタントに分かれていますが、プロテスタントの教会での葬儀の特徴は、どのような感じなのでしょう。
日本国内では仏教を信仰する人が多く、仏教では通夜の翌日に葬儀が執り行われます。
プロテスタントでは日本の通夜にあたる儀式のことを前夜式と呼ぶのが一般的で、教会で取り行われることもありますが、葬儀会場や自宅で執り行われることもあります。

日本国内の仏教の通夜や葬儀で、参列者が歌うシーンを見かけることはまずありませんが、キリスト教のプロテスタントの前夜式では、賛美歌を歌い、牧師の話やお祈りを捧げるといった流れになります。

前夜式の翌日に葬儀が執り行われ、故人の遺族を慰め、神に感謝の気持ちを表わし、牧師の話や賛美歌を歌い、白いカーネーション、または白い菊の花で献花をします。
プロテスタントの教会では、とくに故人がキリスト教の信者でなくても、してもらえる教会もあります。

プロテスタントでは、人が亡くなったら安らかに天に召されるようにとの願いをこめて前夜式や葬儀が行われます。

 

カトリックの教会の葬儀について

カトリックとプロテスタントの葬儀では、式の流れにも少し違いがありますが、もともと持っている価値観にも大きな違いがあるようです。
プロテスタントでは、亡くなった人が安らかに天に召されるようにと祈りを捧げるのに対して、カトリックでは神様に許しを請い、永遠なる生命を授かるようにと祈りを捧げます。

基本的に、カトリック教会では、カトリックを信仰する人のみ、葬儀が行われており、故人がカトリックの信者でない場合は、カトリックの教会での葬儀はできないことになっています。

カトリックでは、葬儀のミサの一部であり、日本の仏教での通夜にあたる儀式を通夜の祈りと言います。

カトリック教会で葬儀を執り行う場合は、準備や葬儀の進行はおもに教会が全面的に行いますが、翌日の告別式は、遺族が中心となって行うのが一般的です。
カトリックの葬儀では、聖歌を合唱した後に神父が退場して葬儀が終わります。