教会の設備について

礼拝しやすいように設備を整えている

教会には、信者の人たちが毎週日曜日に礼拝をするためにやってきます。
若い人もいれば高齢の信者や子連れで礼拝に来る信者もいるため、各教会ではなるべく礼拝しやすいように設備を整えています。

例えば、高齢の信者の人のためにスロープを設置したり、小さなお子さんを連れてくる人のために、キッズルームを設置したりしている教会が多いです。キッズルームがあれば、小さなお子さんでも退屈しません。

同い年くらいのお子さんと交流を持つことができます。教会で友達ができるお子さんも多いです。トイレも子供用のトイレや車椅子用のトイレを設置している教会があります。

また、談話室を設けている教会も多いです。談話室では、自由に寛いだり信者の人同士でお話をすることができます。礼拝が終わったらすぐ帰るのではなく、談話室で少し休んで行く人も多いです。教会の外には大きな看板を立てて、集会などの案内を掲示している教会もあります。専用駐車場を設けている教会なら、車でも行けるため便利です。

 

音響設備が整っている

教会と聞いて、パイプオルガンをイメージする人も多いでしょう。大きな教会には立派なパイプオルガンが設置されており、ミサを行うときなどには、非常に美しい演奏を聴けるでしょう。
そして、音響設備を整えている教会も多いです。

パイプオルガンはもちろんのこと、本格的なスピーカーや最新式のマイクなどもあります。美しく神秘的な内装を作るための照明器具も欠かせません。

規模の大きな教会は、敷地も広いため、教会の中まで外部の音が聞こえてくることはあまりないでしょう。しかし、規模の小さな教会の場合には敷地が狭く、街中にあります。
大きな通りに面している教会であれば、車の音なども聞こえるでしょう。
そのため、防音設備を整えている教会も多いです。防音設備があれば、外の騒音が聞こえにくく礼拝に集中できます。

牧師や神父の声もよく聞こえるでしょう。

キッズルームなども防音になっていることが多いです。小さなお子さんを連れていても、気兼ねなく礼拝に参加できます。